機会材料の疲労試験

電子基板

疲労とは、物体が継続的、または繰り返し物理的応力を受けた場合の劣化状況を表す言葉です。金属で生じるものは金属疲労として広く知られていますが、樹脂やプラスチック、ガラスでも起こります。疲労を起こす要因として、物理的応力の他に、電圧や温度なども挙げられます。但し、電圧、温度などによる疲労は全社とは異なり、経年劣化として分類されています。疲労試験は、主に物理的応力を用いることで、機械製品の耐久性を確認する目的で行われます。疲労試験の工程は、試験片に対して、ある指定の荷重を掛け、それを跨いで別の値の荷重を連続的に与えて、破壊を起こすまでの荷重の回数を記録します。通常、疲労試験は、同一仕様の試験片を用いて、荷重を替えて数十回単位で行われます。

製品開発の前の疲労試験は、万が一のクレームに備えて行われると言います。製造物責任が法律に組み込まれて以来、機械製品のクレームの件数は増加しています。客は、製品の不備を指摘してクレームを出してきますが、対象となった品に欠陥が見られない場合、正当な強度試験、疲労試験を行った実績があれば、クレームを覆すことができるのです。更にもう一つの疲労と言われる経年劣化についてですが、こちらは材料メーカーとして、商品の治め先に資料として提出することが半ば義務化されています。形ある品は、いつかは破損したり、壊れる運命にあります。その品々を最大限長く使用できるよう、製品の強化をする最終目的のため、日夜疲労試験は行われているのです。