審美歯科治療セレック

ネジ

歯医者で補填物を製作する場合、従来は歯型を取ってから歯科技工士に依頼し、出来上がるまで1週間以上はかかるのが普通でした。セレックは3Dカメラで口の中を撮影し、コンピュータのCAD/CAMシステムで補填物の設計と製作を行ないます。そのため歯型を取る必要はなく、短ければ1時間程度で治療を終わらせることができます。 ただし治療する部分が小さければ簡単ですが、何本の歯を連続して治療する場合や、ブリッジ修復が必要な場合は、セレックで修復するのは困難とされています。また補填物にセラミックを用いるので、無理な力がかかると割れてしまうこともあります。優秀な治療法ですが、万能ではないことに注意する必要があります。

セレックはドイツで開発された歯科治療システムで、現在では世界中に普及しています。セラミック補填物の設計から切削までを院内で行なうのが特徴で、このため時間と同時に費用の節約にもなります。従来のオールセラミック治療に比べると、半額程度で済む場合もあります。 補填物は規格生産されたオールセラミックなので、品質的に安定しており、耐久年数も長くなります。見た目が自然で美しいだけでなく、衛生的で虫歯菌や歯周病菌が付着しにくいというメリットもあります。さらに生体親和性が高く、金属アレルギーの方でも安心して使えます。セレックには保険が利かないので自費治療になりますが、コストパフォーマンスを考えれば有利な点が多いと言えるでしょう。